片頭痛にはマクサルトジェネリック

マクサルトとは?マクサルトのあれこれを解説

マクサルトとは?マクサルトのあれこれを解説

片頭痛でお悩みの方の多くは女性です。
しかも20代~40代と仕事、結婚、出産、育児など毎日が大忙しの年代の方がなりやすくなっています。

片頭痛がひどい場合仕事や日常生活に支障をきたしてしまう場合もあります。
そんな片頭痛には片頭痛専用の治療薬があり、その治療薬がマクサルトなのです。
マクサルトは片頭痛持ちの女性にとって、最良のパートナーともいえる薬なのです。
そんなマクサルトについて詳しく説明していきます。

マクサルトとは?

マクサルトは日本の製薬会社エーザイから販売されている片頭痛専用の頭痛薬です。
元々はアメリカのメルク社により開発、販売され日本では2003年に承認され販売に至っています。

経口のトリプタン製剤で、片頭痛の発作が出てから30分以内に服用することで、痛みを緩和することができます。痛みが出てから服用するので頓服用として処方されています。

マクサルトの作用

マクサルトは有効成分リザトリプタンを主成分としています。
片頭痛は頭の血管が拡張したことによって、ズキンズキンとした痛みが起こります。
リザトリプタンは血管内壁にある、セロトニン受容体に作用し、拡張した血管を収縮させ、そして血管周りの炎症を抑えることで、片頭痛発作時に起こる痛みを緩和させてくれます。
そして三叉神経に対して働きかけ、炎症の原因となっているCGRP(神経ペプチド)を抑制させます。

マクサルトの副作用

マクサルトの副作用で主な副作用は、めまいや嘔吐、倦怠感、眠気、体に感じる痛みなどです。
その他にも飲み始めたばっかりの頃は、喉や胸のつかえ、圧迫感、などを感じる場合がよくあります。

重症な副作用はめったに見られませんが、以下の副作用がまれに起こることもあります。
胸の痛み、胸の圧迫感、動悸、不整脈、薬物乱用頭痛(頭痛薬や鎮痛剤を乱用した場合に起こる頭痛です)

マクサルトを飲むタイミング

マクサルトは片頭痛発作が始まってから飲む頓服薬です。そのため片頭痛を感じてから服用します。
30分以内に服用することでより良い効果を得ることができます。

マクサルトは予防薬ではありませんので、必ず片頭痛が起きてから飲むようにしましょう。

マクサルトの服用量

マクサルトの副作用は通常、成人であれば1回10㎎を片頭痛発生時に服用してください。
もし効果を感じられない場合、追加して服用することはできますが、最初の服用から2時間以上間をあけ、1日の最大服用量は20㎎までとなっています。

服用量を決められた量よりも増やしたり、乱用してしまうと薬物乱用頭痛を併発してしまう可能性がありますので注意してください。

マクサルトを飲むことが出来ない人

健康状態などから、マクサルトを飲むことができない人もいます。
心筋梗塞、脳卒中、末梢血管障害、高血圧症(治療されていない)、重度の肝臓病、狭心症の方などは服用することができません。

マクサルトを飲むのに注意が必要な人

健康状態などから、マクサルトを飲むのに注意な人がいます。
狭心症が起きる可能性のある方、てんかん、腎臓病、高血圧、肝臓病のかたなどは服用に注意が必要です。

マクサルトを飲むことで得られるメリット

片頭痛の専門薬であるマクサルトですが、飲むことで得られるメリットがたくさんあります。
そのメリットの一部をご紹介します。

何よりも痛みから解放される

まず片頭痛は我慢できない痛みを感じますので、マクサルトを飲むことによってその痛みから解放されます。
ズキンズキンと脈打つ痛みは、痛いだけでなくメンタル面に対しても影響を与えてしまいます。
痛みが激しくなることで嘔吐してしまう方もいますので、マクサルトで症状を緩和させることで痛みから解放されるのです。

仕事への支障がなくなる

仕事中片頭痛の激しい痛みを感じることで、集中することができなくなり、仕事に支障が出てしまいます。
鎮痛剤など飲んでも片頭痛の痛みを緩和できない場合も多く、仕事を早退してしまうこともあります。
時には危険な仕事や、運転中、他に代わる人がいないなど、辛い状況の時でもマクサルトを飲むことで解決することができます。

マクサルトを常備しておけば、仕事中に片頭痛が起きても落ち着いてマクサルトを飲むことができ、仕事への支障もなくなります。

安静にする時間が減る

片頭痛の場合、まぶしい光やうるさい騒音が誘因となっておこります。
片頭痛の発作が始まったら、部屋のカーテンを閉め安静にしておくことが一番なのです。
しかし生活をしていればそう常に安静にしてばっかりはいられません。
片頭痛が始まったらすぐにマクトリンを飲むことで症状が緩和され、安静にする必要もなく、安静にする時間が減るのです。
そのためその時間分、有効利用することができるのです。

オススメのマクサルトジェネリック

マクサルトは先発薬ですが、同じ有効成分を主成分としたジェネリックも多数開発、販売されています。
マクサルトと同じ有効成分のため、効果や効能もすべて同じとなっています。
マクサルトジェネリックは通販で購入する事もでき、病院へ行かないで購入できることから非常に人気となっています。
通販で購入できるマクサルトジェネリックの中で人気の商品をご紹介します。

マクトリン

マクトリンはレクメズ社の商品で、マクサルトのジェネリックです。
レクメズ社はインドの製薬会社でジェネリック医薬品を主戦力としています。
インドの製薬会社ですが、日本人向けに開発されており、パッケージなども日本語で明記されているので日本人でも安心して使うことができます。
マクトリンはマクサルトジェネリックの中でも安価な値段で販売されており、大変オススメです。

マクトリンはリザトリプタン10㎎で1錠190円(最安値)で販売されています。

マクトリンを購入できるサイト

マクサルトのジェネリックであるマクトリンは個人輸入代行サイト「お薬なび」で購入する事ができます。
お薬なびは個人輸入代行サイトの中でも非常に大手のサイトで、商品の種類も多く非常に充実しています。

お薬なびで初めて購入する場合、初回クーポンで500円引きなどお得なキャンペーンもやっているので是非チェックしてみて下さい。

リザクト

リザクトはシプラ社の商品で、マクサルトのジェネリックです。マクサルトと同じリザトリプタンを主成分としているため効果や効能は同じとなっています。

シプラ社もインドの製薬会社でインドでは知らない人はいないほど大手の製薬会社です。やはりジェネリックを主流に開発、販売しており、リザクトもシプラ社の主力の商品となっています。

リザクトはリザトリプタン5㎎と10㎎で販売されています。
5㎎で1錠152円(最安値)、10㎎で1錠190円で販売されています。

リザクトは5㎎と少量でも販売されているため使い勝手が良い薬です。
そして、5㎎で十分な場合、10㎎を半分にカットすることでコストパフォーマンスを抑えることもできます。

リザクトを購入できるサイト

リザクトを購入できるサイトで代表的なのが、先ほどマクトリンでご紹介したお薬なびと、こちらも大手の個人輸入代行サイトのベストケンコーです。
どちらも人気のサイトですがお薬なびでは電話注文ができ、ベストケンコーではできませんのでその点には注意して下さい。

まとめ

マクサルトは片頭痛持ちにはなくてはならない存在の、片頭痛治療薬です。
片頭痛が始まってからすぐ服用することで、よりよい効果を得ることができます。
いつ片頭痛が来てもいいように、常備薬としてバッグに忍ばせておくといざという時に大変助かります。
常備薬で、マクサルトを購入する場合、マクサルトジェネリックが非常に安価に購入でき通販でも買えるので便利です。

通販で購入できるマクサルト以外の偏頭痛治療薬

マクサルトジェネリックを通販で購入できると説明しましたが、マクサルト以外にも通販で購入できる片頭痛薬があります。
ここでは通販で購入できるマクサルト以外の片頭痛治療薬についてご紹介します。

スマトリプタン

スマトリプタンはグラクソスミスクライン社が販売しているイミグランの有効成分です。
スルホンアミド基を含んでいるトリプタン製剤で、片頭痛だけでなく群発頭痛の治療にも使われています。

スマトリプタンはイミグランだけでなく、イミトレックス、イミグラン・リカバリーなどの商品名でも販売されています。

イミグラン

イミグランはグラクソスミスクライン社が販売しているスマトリプタンを主成分とした片頭痛薬です。
イミグランはジェネリック医薬品ではなく、先発薬です。
市販されている国もありますが、日本やアメリカなどの先進国では処方箋薬として定められています。
イギリスではイミグラン・リカバリーの商品名で、錠剤タイプが薬局で市販されています。

イミグランを個人輸入代行サイトで通販することもできます。
スマトリプタン50㎎と100㎎が販売されており、50㎎1錠639円(最安値)、100㎎1錠1,011円(最安値)で販売されています。

スミナット

スミナットはインドの製薬会社、サンファーマ社が販売しているスマトリプタンを主成分とした片頭痛薬です。
イミグランのジェネリック医薬品で、イミグランよりも安価な値段で販売されています。
スミナットはスマトリプタン25㎎、50㎎、100㎎販売されています。
25㎎1錠194円(最安値)、50㎎1錠387円(最安値)、100㎎1錠484円(最安値)で販売されています。
先発薬であるイミグランの約半分の値段で購入する事ができ非常にお得です。

スマトリプタンの特徴

スマトリプタンはトリプタン系に分類されているトリプタン製剤です。トリプタン製剤は片頭痛治療薬につかわれており、スマトリプタンもその一つで、第1世代のトリプタン系薬です。
従来はエルゴタミン系剤が使われていましたが、現在ではトリプタン系がよく使われるようになりました。
片頭痛を感じてから服用する急性期治療薬で、片頭痛を予防するための薬ではありません。
おなじトリプタン系の中でも効果が強く、即効性があるため人気のある片頭痛薬です。

スマトリプタンの効果

片頭痛の原因は脳の血管が拡張したことによって起こると考えられています。
スマトリプタンは脳内物質のセロトニンと構造が似ていることから、セロトニンの受容体に対して働きかけることができ、大脳動脈が拡張するのを収縮させ、片頭痛の症状を緩和させることができます。
スマトリプタンは三叉神経に対する痛みも改善できることから、群発頭痛の痛みに対しても効果的です。

片頭痛の痛みを感じてから、服用し大体30分ほどで効果を感じられます。
注射の場合はそれよりも早く、10分以内で効果を感じることができます。

スマトリプタンの副作用

スマトリプタンの副作用ですが、主な副作用は動悸やめまい、眠気や吐き気、体がだるいなどです。飲み始めたばかりの頃は胸、喉のつかえ、圧迫感を感じる方が多くなっています。
この喉のつかえなどはたいていは問題はありませんが、気になる場合は念のため心電図検査などを受けてください。

スマトリプタンの副作用で稀ですが重症な副作用もあります。
狭心症や心筋梗塞、アナフィラキーショック、てんかん用発作、薬物乱用頭痛などです。
薬物乱用頭痛は、頭痛薬や鎮痛剤などを乱用したことによって起こる頭痛です。
薬物乱用原因である鎮痛剤などの服用を中止し、他の予防方法などに切り替えることで改善することができます。

スマトリプタンの飲み方

成人の場合、片頭痛が発現した時にスマトリプタン50㎎を1回服用してください。
片頭痛発現時、なるべく早めに服用することでより良い効果を得ることができます。
もし、50㎎服用しても効果が得られない時は、服用してから2時間以降にまた服用することができます。

最初50㎎で十分ではなかった場合、次回からは1回100㎎を服用してください。
1日の最高服用量は200㎎までとなっています。

スマトリプタンを飲むことが出来ない人

スマトリプタンを有効成分としている医薬品を健康状態によっては使用することができない人がいます。

スマトリプタンは血管を収縮させる働きがあるため、心筋梗塞や狭心症の人は悪化させる可能性があるため使用することができません。
他にも末梢血管障害、高血圧症、重度な肝臓病などは服用することができません。

これらの他に狭心症が起きる可能性のある人、肝臓病、腎臓病、高血圧、てんかんの人などは使用に注意が必要です。

上記以外でも健康状態や服用中の薬によっては服用することができない場合がありますので、医師に相談して下さい。

スマトリプタンの併用禁忌薬

スマトリプタンと一緒に服用することができない医薬品があります。

クリアミン・ジヒデルゴット・メテルギン(エルゴタミン系薬剤)、MAO阻害薬、アマージ(ナラトリプタン)、マクサルト(リザトリプタン)、レルパックス(エレトリプタン)、ゾーミッグ(ゾルミトリプタン)

以上の医薬品は、スマトリプタンと一緒に服用することはできません。

スマトリプタンの併用注意薬

スマトリプタンと一緒に服用するのに注意が必要な医薬品があります。

パキシル(パロキセチン)、ジェイゾロフト(セルトラリン)、デプロメール・ルボックス(フルボキサミン)、トレドミン(ミルナシプラン)、サインバル(デュロキセチン)

以上の医薬品はスマトリプタンと一緒に服用するのに注意が必要な医薬品ですので、服用中の場合医師に相談して下さい。

フルナリジン

フルナルジンはヤンセンファーマ社が開発販売している片頭痛の治療薬成分です。
日本でもフルナールという商品名で販売されていましたが、1999年の3月に販売中止となりました。
世界的に評価されている片頭痛薬ですが、日本では副作用の問題などから販売中止に至ったようです。
ヨーロッパなどでは現在でも副作用に注意すればよい薬だとして、幅広く使われています。

シベリウム

シベリウムはジョンソン&ジョンソン社の医薬品会社であるヤンセンシラグ社が販売している、片頭痛用の治療薬です。
フルナリジンを主成分とした医薬品の先発薬です。
有効成分はフルナリジンで、片頭痛の予防薬ですが、片頭痛を感じてからも服用することができます。
日本では現在未承認薬ですが、個人輸入代行サイトなどの通販サイトで購入する事ができます。

シベリウムはフルナリジン2㎎と10㎎が販売されており、5㎎1錠48円(最安値)、10㎎1錠60円(最安値)で販売されています。

フルナリジンの特徴

フルナリジンはカルシウム拮抗薬に分類されている片頭痛予防薬です。マクサルトのように即効性はありませんが、1日1回服用を続けることで片頭痛を予防することができます。

効果が実感できるまでは少し時間がかかり、服用を開始してから6週間~8週間ほどかかると考えられています。
慢性的な片頭痛を予防したい人向けとなっています。

フルナリジンの効果

脳の細胞に流入するカルシウムイオンが原因で血管が収縮されます。この収縮が強いことで血管が拡張した時に片頭痛の原因となる痛みを起こしてしまうのです。

フルナリジンはカルシウムイオンが流入することを防ぎ、脳の血管の収縮を抑制し、血管の拡張との差を減少させることで、片頭痛を予防する効果があります。
服用を始めてから、効果が現れるまでに時間がかかりますが、片頭痛は日常生活に支障をきたしてしまう場合もあり事前に予防しておくことも治療の一つになります。

フルナリジンの副作用

フルナリジンの副作用について、不眠症や過眠など睡眠に関する症状があります。その他にも体のだるさ、体重が増える、筋肉痛、便秘、吐き気や嘔吐、ほてり、むくみ、発熱、胸の痛みなどがあります。

まれな副作用ですが、血圧低下や頻尿、排尿困難などを感じることがあります。

フルナリジンの飲み方

通常成人の場合、1日に1回10mgを1錠就寝前に水、またはぬるま湯で服用してください。
効果が現れるまでに6週間ほどかかりますが、頓服薬ではなく、予防薬ですので飲み続けることが重要です。
飲み続けている際に副作用などを感じ、続く場合、重度な場合は必ず服用を中止し、病院で相談しましょう。

フルナリジンを飲むことが出来ない人

フルナリジンに対し過敏症、アレルギーがある場合は服用することができません。
その他に妊娠中やその可能性のある方はふくようできません。
脳内出血のある方、脳梗塞急性期の方なども症状を悪化させる可能性があるため服用することはできません。

フルナリジンの併用禁忌薬

フルナリジンの併用禁忌薬は一緒に服用することができない医薬品です。

フルナリジンの併用禁忌薬は現在報告されていません。

フルナリジンの併用注意薬

フルナリジンの併用注意薬は一緒に服用するのに注意が必要な医薬品です。

血圧を下げる降圧剤は、血圧低下を増幅させる可能性があります。
心肺機能、血管系の治療を行っている方も注意が必要ですので、使用前に必ず医師に相談して下さい。

エレトリプタン

エレトリプタンはアメリカのファイザー社によって開発された片頭痛治療薬の有効成分です。
2002年にアメリカのFDA(米国食品医薬品局)によって承認された新しい医薬品です。アメリカやカナダでは「Relpax」の商品名、日本ではレルパックスの商品名でファイザー社から販売されています。

レルパックス

レルパックスは有効成分エレトリプタンを主成分とした中枢神経系の片頭痛治療薬です。ファイザー社から販売されている先発薬です。

日本では病院で処方してもらうことによって購入する事ができますが、海外から個人輸入で通販することもできます。

レルパックスは個人輸入代行サイトではエレトリプタン40㎎で販売されており、
1錠40㎎360円(最安値)で販売されています。

エレトリプタンの特徴

エレトリプタンは片頭痛を感じた時に服用する頓服薬タイプの医薬品です。
そのため予防薬ではありませんが、痛みを感じてからでも服用することができるので常備薬として活躍しています。
トリプタン系に分類されるトリプタン製剤で、日本国内では3番目に承認されたトリプタン系の片頭痛薬です。
トリプタン系薬の中でも第2世代で、即効性が高く持続時間も長いのが特徴的です。
片頭痛の再発生率が他のトリプタン製剤に比べて低いため人気のある片頭痛薬です。
作用は比較的穏やかで、副作用も少ないことから安全性の高いお薬として認識されています。

エレトリプタンの効果

片頭痛は脳付近の血管が拡がることが原因で起こると考えられています。
エレトリプタンはセロトニンと似た構造で血管内壁にあるセロトニン受容体に対して働き、拡がった血管を収縮する作用があります。そのため、元に戻された血管により片頭痛の症状も改善することができます。
その他にも三叉神経に対しても働きかけ、炎症を引き起こす原因であるCGRP(神経ペプチド)を抑制し、片頭痛の症状を緩和させることができます。

エレトリプタンの副作用

エレトリプタンの服用は他のトリプタン製剤と同様で、眠気やめまい、吐き気、動悸、身体の痛みなどです。飲み始めの頃、人によっては胸や喉のつかえ、圧迫感を感じることがあります。

その他にエレトリプタンの服用を乱用したことで薬物乱用頭痛が生じる場合があります。
この場合エレトリプタンの服用を中止し、他の予防法や治療薬に変更します。

重度な副作用はめったには起こりませんが、心臓の異常、アナフィラキーショック、てんかん様発作なども報告されています。

エレトリプタンの飲み方

通常成人の場合、エレトリプタン20㎎を1回片頭痛を感じた後に服用します。
片頭痛発生から早ければ早いほどより良い効果を得ることができます。
もし20㎎で効果が不十分な場合、追加して服用することができますが、1回目の服用から2時間以上間をあけて服用してください。
1日の最大量は40㎎までですので、1回40mg服用した場合は24時間間をあけましょう。

エレトリプタンを飲むことが出来ない人

エレトリプタンは狭心症、心筋梗塞、末梢血管障害高血圧症の方などは服用することに適していないと考えられています。

その他にも循環器系の病気の方は注意が必要ですので、服用前に医師に相談して下さい。

エレトリプタンの併用禁忌薬

エレトリプタンの併用禁忌薬は一緒に服用することができない医薬品です。
違う系統のエルゴタミン製剤は副作用が出やすくなるため、併用することができません。他のトリプタン製剤も一緒に併用することができません。もし他のトリプタン製剤を服用する場合は24時間間をあけてから服用してください。

ゾーミッグ(ゾルミトリプタン)、クリアミン・メテルギン・ジヒデルゴット(エルゴタミン系製剤)、イミグラン(スマトリプタン)、マクサルト(リザトリプタン)、アマージ(ナラトリプタン)等

エレトリプタンの併用注意薬

エレトリプタンの併用注意薬は一緒に服用するのに注意が必要な医薬品です。

クラリスロマイシン・ジョサマイシン・エリスロマイシン(マクロライド系抗生物質)、ワソラン(ベラパミル)、イトリゾール(イトラコナゾール)、ルボックス・デプロメール(フルボキサミン)、ジェイゾロフト(セルトラリン)、パロキセチン(パキシル)、サインバル(デュロキセチン)等

まとめ

マクサルト以外にも片頭痛薬はたくさんあります。基本的にトリプタン製剤が多く、福湯尾後すぐ効果があるため人気となっています。

個人輸入の代行サイトで通販することができますので、常備薬としてあらかじめ購入しておくと急な片頭痛に対して大変便利です。

ただ個人輸入で医薬品を購入する場合、必ず法律に基づいた購入方法で購入してください。
個人輸入で申請無しで購入する場合、他人に販売したり譲ったりすることはできません。必ず個人で使用すると言うことを覚えておきましょう。
個人輸入での購入は個人輸入代行サイトのお薬なびだと電話注文もでき、正規品を販売しているので安心して購入することができます。

トップに
戻る