片頭痛にはマクサルトジェネリック

片頭痛にはマクサルトジェネリック

片頭痛にはマクサルトジェネリック

頭の片側がズキズキとした脈を打つような痛み、その殆どに脳の検査をしても異常が見られないものばかりです。
このような頭痛を片頭痛と言い、頭痛の約8.4%を占め、特に20代~40代の女性の方で多く見られます。

片頭痛の治療にはマクサルト(トリプタン製剤)を使った治療が中心となって行われています。
片頭痛の治療には欠かせないマクサルトですが、ジェネリック医薬品を個人輸入で通販することもできます。

このサイトではマクサルトジェネリックについて詳しく解説していきます。

マクサルトジェネリック

マクサルトジェネリックはマクサルトと同じ有効成分リザトリプタンを主成分とした医薬品です。 マクサルトが先発薬なのに対して、ジェネリックは元々ある有効成分から作られているため、後発薬とも呼ばれています。

マクサルトジェネリックはマクサルトに比べて安価な値段で販売されていますが、同じリザトリプタンを主成分としているため、効能や効果は同等となっています。

マクサルトジェネリックの中で海外から個人輸入できるものがあります。
その中でお薬なびで購入することができるものをご紹介していきます。

リザクト

リザクトはインドの製薬会社シプラ社が開発したマクサルトのジェネリック医薬品です。
片頭痛の治療に主に使われています。
リザクトは日本では未承認なため病院などで処方されていませんが、お薬なびなど個人輸入代行サイトで通販することができます。
リザクトは5㎎1錠152円からと、10㎎1錠190円から販売されています。

マクトリン

マクトリンはインドの製薬会社レクメズ社が開発したマクサルトのジェネリック医薬品です。
マクサルトと同じ有効成分リザトリプタンを主成分としているため、効能や効果、副作用まで全てマクサルトと同じです。
マクトリンは日本では未承認薬ですので、日本の病院では処方されません。
購入の際はお薬なびなど個人輸入代行サイトで通販する必要があります。
マクトリンは10㎎1錠190円~販売されています。

マクサルトジェネリックが片頭痛に効く理由

マクサルトは片頭痛の治療には欠かせない医薬品です。そしてそのジェネリックであるマクサルトジェネリックも同じく片頭痛に効果があります。

マクサルトジェネリックが片頭痛に効く理由についてご紹介していきます。

片頭痛の原因

片頭痛の原因からご紹介していきます。 片頭痛は頭の片側が痛むというイメージがありますが、実は片頭痛でも両側に痛みを感じる人もいます。
右と左のどちらかに痛みを感じる人は約60%、そして両側に痛みを感じる人は約40%と以外にも両側に痛みを感じる人も多いのです。

片頭痛が起きる原因は実は現在明確にされてはいませんが、色々な要因が重なり脳の視床下部に対し、刺激を感じ、脳の血管周りを取り巻く三叉神経の周辺に炎症が起きたり、脳の血管が拡がることで痛みを感じてしまうのではないかと考えられています。

マクサルトの作用

マクサルトの有効成分である、リザトリプタンは化学構造でトリプタン系に分類されている片頭痛治療薬です。
片頭痛時に頓服用として使用する急性期治療薬になります。そのため痛みを感じてからでも頭痛を緩和することができ、即効性に優れています。
血管内壁にあるセロトニン受容体に対して作用し、拡張している血管を収縮させることで片頭痛を緩和することができます。
三叉神経の炎症によって痛みを感じますので、その三叉神経の炎症を起こす神経ペプチドを抑制することで片頭痛をやわらげてくれます。
マクサルトは対処療法のため、痛みを改善することはできますが、片頭痛自体を治療することはできません。

マクサルトジェネリックを飲むタイミング

マクサルトジェネリックは頓服用ですので、片頭痛を感じてから服用してください。
片頭痛を感じてから30分以内に服用することで、片頭痛を緩和させることができます。

もし効果が不十分だった場合、さらにマクサルトジェネリックを服用することはできますが、追加する場合は2時間以上間をあけてからにしましょう。
1日の服用量は20㎎を上限とします。

マクサルトが人気の理由

マクサルトは片頭痛治療薬として人気のある薬で、個人輸入でも多くの人が購入しています。
ではなぜマクサルトは人気なのでしょうか?

飲んですぐに効く

マクサルトは片頭痛を感じて30分以内に服用することで、痛み自体を緩和してくれます。
頓服薬ですので、痛みを感じたら飲むと言った便利さが人気の理由の一つです。

飲んですぐ効くのであれば、片頭痛持ちであれば常備しておこうと思うのは当たり前なことなのです。

片頭痛専用の薬

頭痛薬と言えばバファリンや、ロキソニンをイメージする人も多いです。
しかし、片頭痛の痛みはバファリンやロキソニンでは効果がないという人も多いのです。
その点マクサルトは片頭痛専用の頭痛薬ですので、ロキソニンなどが効かない人でも大丈夫なためマクサルトを選ぶのです。

マクサルトジェネリックを通販で購入するメリット

通常マクサルトが欲しい場合、病院やクリニックへ行く方が多いと思いますが、マクサルトジェネリックは通販で購入することができます。
マクサルトジェネリックを通販で購入するメリットをご紹介します。

クリニックに行かずにすむ

根本的なメリットですが、マクサルトジェネリックを通販で購入すれば病院やクリニックへ行かずに済みます。
仕事していたり、子育てで追われていると中々病院へ行く時間を作るのが難しくなってしまいます。
やっとの休日も病院で待たされ半日潰してしまうなんてこともしばしば…
片頭痛は慢性的な頭痛ですので、いつ頭痛が起きるかわかりません。そのため片頭痛薬は常備しておきたいものです。
通販でマクサルトジェネリックを購入できればあらかじめ、常備薬として購入することもでき、病院へ行く時間も作らなくていいため大変便利です。

価格が安い

マクサルトが欲しくて病院やクリニックへ行く場合初診代や、診察代、そしてお薬代がかかります。

しかし通販で購入すればお薬代だけで済みます。
更にジェネリックであれば先発薬よりもかなり安価な値段で販売されているのでそれだけお得に購入することができます。
片頭痛の薬は常備薬として常においておきたい薬なので、やはりコスト面では抑えたいものです。

忙しくても局留めにすることでいつでも受け取れる

通販の場合、家に届けてもらう場合がほとんどですが、その場合届けてもらう時に家にいないといけません。再配達などもできますが、時間指定の時間の間隔が広かったりなどで時間をよめず外出できないことにわずらわしさを感じてしまうかもしれません。
しかし忙しい人の場合、郵便局留めなどにしておくと、近くの郵便局に空いた時間に取りに行けばいいので、時間や日にちを気にせずいつでも受け取ることができます。

マクサルトジェネリックを通販で購入するデメリット

マクサルトジェネリックは通販で購入するのが大変オススメですがもちろんデメリットもないわけではありません。
ここではマクサルトジェネリックを通販で購入するデメリットについてご紹介します。

届くまでに時間がかかる

マクサルトジェネリックは海外から個人輸入しますので、もちろん海外からの発送となります。
最近大手の通販サイトなどは、即日届くというものもありますが、海外からの発送である個人輸入の場合、届くまでに時間がかかってしまいます。
大体どこも同じですが、注文してから約2週間ほどで手元に届きます。
そのためすぐほしいと思っても、時間がかかってしまうということは覚えておきましょう。

人にあげたり売ったりすることはできない

マクサルトジェネリックを通販で購入した場合、海外から個人輸入しているということになりますので、人にあげたり、販売したりすることはできません。
これは個人輸入に関する法律に基づいたもので、あくまでも申請無しに個人で使用する場合に限り、マクサルトジェネリックは海外から個人輸入することが認められているのです。

マクサルトジェネリック本当に効くし、いっぱい余ってるから、誰かに売りたいと思ってもそこはあきらめましょう。

何かあっても自己責任

病院でマクサルトを処方してもらう場合、医師の判断により処方してもらいます。
しかし、個人輸入で通販する場合、これは自己判断の元購入しているのでもし何かあった場合でも自己責任となってしまうのです。
そのため、一度病院でマクサルトを処方してもらったことがある人などに、個人輸入でマクサルトジェネリックの購入が向いていると言えるでしょう。

マクサルトジェネリックを購入する方法

マクサルトジェネリックは個人輸入で購入することができるとご説明していますが、その購入方法などを詳しくご説明していきます。

個人輸入

まず、個人輸入についてです。マクサルトジェネリックの有効成分リザトリプタンですが、この成分の医薬品は実は通販で購入する事はできません。
これはリザトリプタンが処方箋薬として指定されているため、医師の処方無しに購入することができないからです。
しかし、海外から海外で一般的に販売されている医薬品であれば個人で使用する場合に限り輸入することができます。
個人で申請無しに輸入するので個人輸入と呼ばれています。
個人輸入は薬だけでなく、食料品やサプリメント、ブランド物などなにか海外から個人で輸入した場合すべて個人輸入にあてはまります。

しかし中には個人輸入することができないものも法律で定められているのです。

リザトリプタンを主成分としたマクサルトジェネリックは個人輸入することが法律で認められている医薬品なため、個人輸入で購入する事ができるのです。

楽天やアマゾンでは購入できない

では楽天やアマゾンでリザトリプタンを主成分としたマクサルトジェネリックを購入する事ができるのか?ということについてですが、それはできません。
まず楽天やアマゾンで処方薬を出品することは法律的にできませんし、もしされていた場合法律違反を犯しているか、偽物の可能性が高いので絶対に手を出さないようにしましょう。

通販で購入するときの注意

マクサルトジェネリックを通販で購入するときには、利用する個人輸入代行サイトに注意しなければいけません。
個人輸入代行サイトは、海外との業者と個人輸入したい人の間でサポートしてくれるサイトで、商品を販売しているサイトではないのです。
中々難しい言い回しですが、個人輸入をしたいと思っても中々海外の業者と直接やり取りすることは難しいですが、個人輸入代行サイトを利用することで、通常の通販サイトと同じようにスムーズに購入する事ができます。
しかし中には偽物を販売しているサイトや、法律違反をしているサイトなども残念ながらあるようです。

医薬品の個人輸入には法律で定められたルールがあり、そのルールに基づいて販売しているサイトなのか見極める必要があります。

マクサルトジェネリックを安心して購入できるサイト

では、マクサルトジェネリックを安心して購入できるサイトとはどのようなサイトなのか?
それは私が利用している「お薬なび」であれば安心して購入する事ができます。
その理由として第一に正規品を販売しているからです。これは購入してみないと分からないという訳ではなく、きちんと正規品販売と明記してありますし、なによりもリピーターの多いサイトなので偽物を販売していれば、またこのサイトで買おうとは思わないはずです。
そして電話注文もできるので、安心してすぐ連絡することができます。何かあればお問い合わせ
フォームもあるので、不安なこともなんでも聞くことができます。

そしてお薬なびはマクサルトジェネリックだけでなく、他にもたくさんの医薬品やサプリメント美容用品が販売されています。品揃えが多く、たくさんの種類を扱っているので信頼感が抜群です。

お薬なびは薬の種類にもよりますが、相場よりも安く購入する事ができます。もし初めてお薬なびで購入する場合、お得な購入方法もあります。 まず初回クーポンと言うものがあり、初めての場合500円分のクーポンがもらえます。 その他にもお友達紹介キャンペーンや、アンケートキャンペーンなど随時イベントが行われているため、お得に購入する事ができます。

マクサルトジェネリックが安い理由

マクサルトは先発薬でマクサルトジェネリックは後発薬に当てはまります。
先発薬に比べてジェネリック医薬品は安く販売されていますが、もちろん安いからと言って効果がないわけではありません。
海外の先進国ではジェネリック医薬品は多く流通していますが、日本では実はまだまだ普及しているとは言い難い状態です。
日本人は高いものほど効く!!というイメージがあり、逆に安いものは効かないと思ってしまっているのです。
しかし同じ有効成分を使っているため成分量が同じであれば効果も全く同じなのです。

ここでは効果は同じなのに、なぜマクサルトジェネリックが安いのかご紹介します。

開発費用に差がある

まず先発薬であるマクサルトの有効成分リザトリプタンは元々アメリカのメルク社が創製しました。
日本ではエーザイにより販売されています。

このリザトリプタンの成分を効果や副作用も含め開発するのに、実は莫大な費用が掛かっているのです。
通常新薬をつくるのに300億かかるといわれており、そしてその開発期間は10年以上もかかります。
これだけ莫大な費用と、開発期間がかかるため医薬品は高いものとなってしまうのです。
そして中には開発途中で断念してしまう成分もあり、その費用も他の医薬品で補わなければいけないのです。

しかし後発薬であるジェネリック医薬品であれば、元々効果も安全性も確立されている有効成分なため開発費用も開発期間も比べものにならないほど抑えることができます。
一般的にジェネリック医薬品を作るのにかかる費用は3億円、期間は2~3年と言われています。
ここまでコストを抑えることができるため、販売価格も安くすることができるのです。

薬の価格は製造国の物価に依存している

個人輸入で購入できる医薬品の多くがインド製やタイ製のものが多くなっています。
実はインドはジェネリック医薬品が非常に流通している国で、インドの多くの製薬会社が世界的に活躍しています。
元々インドのジェネリック医薬品に対する特許事情が世界のモノと異なっており、特許が切れていないものでもジェネリック医薬品を作ることが可能な国だったのです。
世界中の貧困な地域などで活躍している国境なき医師団などで使用している薬は、インドのジェネリックが多く、その理由としてインドのジェネリックが世界で比べても安価な値段で販売されているからなのです。

なぜインドのジェネリックが安いのか、その理由は製造国の物価に依存しているからだと考えられます。
インドは物価が安く、そのため医薬品も安いのです。

個人輸入で処方箋がいらない理由

日本では処方箋薬なのに、個人輸入で購入した場合は処方箋は必要ないのですが、少し大丈夫かな??と不安になりませんか?

ここでは個人輸入で医薬品を購入した際に処方箋がいらない理由を詳しく解説していきます。

処方箋とは?

まず処方箋についてですが、医師が診察を受けた患者に対し治療に適正な医薬品を判断し、種類、服用量、使用方法などを記したものです。
この処方箋に基づいて薬剤師が再度確認し、調剤します。
因みに、医師の指示を絶対に薬剤師が従わなければいけないという訳ではなく、完全に独立した間柄で、医師の処方通り薬剤師が処方した際に、処方箋に不備があった場合でも薬剤師が責任を負うこともあるのです

このように処方箋は医師や薬剤師が診察の元その医薬品に対しての責任が発生する書類となるわけです。

個人輸入では自己判断・自己責任

個人輸入の場合、医師の診察を受けてませんので、根本的に処方箋は発生しませんし、必要ありません。
厚生労働省では、一般の人が申請無しに個人輸入できるのは、海外で受けた薬物治療の継続、海外からの旅行者が日本でも同じ薬で治療することができるための配慮だと明記しています。

そのため個人輸入は自分で使う場合に限り認められており、個人輸入したものを他人に販売したり譲ることはできません。

マクサルトジェネリックを含めた、医薬品を個人輸入で購入する場合、個人輸入代行サイトを利用しますが、代行サイトは個人輸入のサポートをしてくれるだけであって、個人に対して医薬品を販売しているわけではありません。

そのため、効果なかったなど代行サイトに意見することはできず、すべて自己判断で購入し、最終的には自己責任となるのです。
医薬品を個人輸入する際は、その点を踏まえておきましょう。

まとめ

片頭痛の専門役であるマクサルトジェネリックについてご説明してきました。
マクサルトジェネリックは通販で購入する事ができ非常に便利です。

片頭痛は根本的な治療をすることはできませんが、痛みを感じた時にマクサルトジェネリックを飲むことで、痛みをやわらげることができます。
慢性的な悩みである片頭痛だからこそ、マクサルトジェネリックを個人輸入で通販しておくと大変便利です。

トップに
戻る