Andro Metal|ハイプリシリーズ第一弾Windowsパソコンシューティング!!...

フリーゲームを探せるサイト
作者様は、ぜひ「作品をご登録」下さい。無料です。

Andro Metal

製作著作 ハイプリ工業火舞智緊会社(ハイパープリフィーム)
掲載日:2016年05月15日

ハイプリシリーズ第一弾Windowsパソコンシューティング!!
Andro Metalの評価

平均点:0  得票数:0

ライン
ハイパープリフィームWindowsパソコン用シューティングゲームです!自機は可変ロボット型戦闘機でチャージビームやホーミングミサイル攻撃やバリア!ローリング回避そしてレベルアップして行き隠しコマンドなどの組み合わせで色々な戦闘が可能です(使うのは十字キーと3つのボタン)
ゲームステージは、ストーリーモードは地上から始まって海上、砂漠、山脈、空中、宇宙、要塞とシームレスで続きエンディングあり(マニアモードは宇宙のみでエンドレス)
さらに各ステージ内エリアは、オブクジェクトの配置や地上の戦車が動く道路など完全リアルタイムで自動生成されます。キャラは空中物、地上物の区分があって、自機の照準を合わせることで対象を攻撃可能、ロックオン後はミサイルで追跡攻撃可能です(ミサイルは有限で味方機により補給)さらにステージラストに待ち受けるボスキャラ、AIにより自機の攻撃をよけたり、宇宙では岩をかいくぐって迫ってくるロボットもいます。また海上戦艦や空中空母から発信してくる戦闘機などなど(隠れキャラもいます)
そして、画面はいつでもウィンドウモード、フルスクリーンモード切り替え可能。キーボード操作、コントローラ対応(ボタンのコンフィグ機能あり)オリジナルBGM ON OFFスイッチ これらはいつでも呼び出せます♪好きな音楽ファイルをBGMにすることも可能(ステージ設定もあり)
ハイスコアセーブ、ランキングエントリーコード発光(ただし現在ホームページリニューアル中でランキング表示は未対応)
実行ファイルは一つだけで、そのファイルサイズは2MB未満のコンパクトサイズ
ハイプリ第一弾としてリリースされた意欲的なSTG作品となっていまして、難易度バランス的にややプレイヤーを選ぶ所はありますが、色んな遊び方でできること、システム面でもソフト起動の安定性 そしてこの後に続くハイプリシリーズのベースとなった作品です☆
どうぞよろしくお願いします(^-^)/☆('ー' )♪
追記!エンディングのあるストーリーモードとネバーエンディングのマニアモードがあり全体的に上級者向けのシューティングです☆
ホームページではWebアプリも配信中でWindowsパソコンではIE,Chromeに加えてFirefoxと更にモバイルAndroidにもそれぞれの環境に最適化して楽しくプレイできます♪
【このゲームを公開しているサイトはこちら】
『Andro Metal』の特長
・自機は色んな攻撃動作可能なロボット型戦闘機で!
・地上から海上、砂漠、山脈、空中、宇宙要塞に向かってシームレスで戦い続けるSTG☆♪
・ステージエリア内はリアルタイムで自動生成(^o^)/
・AIでこちらの攻撃や隕石をよけながら迫ってくるキャラ!ビームやホーミングミサイル合戦('ー' )/
『Andro Metal』の詳細情報
ジャンル
縦スクロール

特徴・要素
ガンガン爽快 ドキドキ緊迫

ゲームレベル
上級者向け

ファイル容量
1MB

配布形式
フリーウェア

対応OS・ブラウザ
WinXP WinVista Win7 Win8 Win10

最終更新日時
2011.07.19

このページの閲覧回数
381回


Andro Metalの作者さんへのインタビュー
作者:
Q. 一番見て欲しい点は?
A. ・簡単操作で自機の多彩な戦闘バリエーション
・地上から宇宙まで続くリアルタイム自動生成ステージ(シームレス展開)
・AI搭載でこちらの攻撃や隕石をよけたり迫ってくるキャラクター達
Q. 制作期間は?
A. 構想から設計、開発、完成まで半年(バランス調整やバージョンアップOS対応など含めると1年以上)
Q. プレイヤーの皆様へのコメントをお願いします
A. ゲームとして大切なのは遊びやすさと難易度バランス、その上で色んな要素があると今考えているわけですけれども、このソフト開発当時はひたすら色んな要素を研究と言いますか、一つのシューティングに詰め込みすぎました。○しかし、これがあったから今のハイプリがあると言えるもので、最初のハイプリソフトはこれだったんだと言うスタンスで気楽に遊んでみて頂ければ幸いです☆ソフトはハイプリサイトのメニューでGAME CENTERのなかにあります(^-')/
【このゲームを公開しているサイトはこちら】
『Andro Metal』の感想・レビュー
※「感想の転記」の説明
△PageTop