ラハと魔法の園〜the graystory〜|舞台は魔法界。記憶を失った少年が魔法学院に転入し、仲間とともに上級魔法生を目指していく物語。...

フリーゲームを探せるサイト
作者様は、ぜひ「作品をご登録」下さい。無料です。
HOMEロールプレイング > ラハと魔法の園〜the graystory〜

ラハと魔法の園〜the graystory〜

kotonoha*
掲載日:2016年04月8日

舞台は魔法界。記憶を失った少年が魔法学院に転入し、仲間とともに上級魔法生を目指していく物語。
ラハと魔法の園〜the graystory〜の評価

平均点:0  得票数:0

ライン
舞台はベグド暦1336年6の月、魔法界。
光のルクシエメール魔法学院と呼ばれる、
17歳以上の魔法生を育成する学校の前に倒れていた記憶喪失の少年・ラハ。
自分の事も、魔法の事も、世界の事も、何一つ覚えていなかった彼は、
学院長に拾われ急遽その学院に転入することとなる。

学院見学の途中、魔法生が子供を取り囲んでいる光景を発見したラハは
咄嗟に助けに入るのだが、魔法の使えない彼にとっては為す術も無かった。
おまけに魔法界では「魔法界法」と呼ばれる厳しい戒律により
「人を助けることは非常識」とされている世界であった。
しかし、学院生活を送る中で、
万年落ちこぼれ魔法生のチャタや、
天才魔法生少女のサリィと出会うラハ。
彼らはさまざまな出来事を経験し、
互いに「人を助けること」の大切さを理解していく。

一方、魔法界法を定める魔法教会のトップであるS級魔法士、
ザヴァン法長が何者かに殺害されたという事件が発生した。
S級魔法士とは、魔法生達の目指す「A級魔法生」とは桁違いの魔力を持っており、
学院の講師陣すら太刀打ち出来る相手では無いはずで・・。

果たして犯人は一体何者なのか?
はたまたラハの失われた記憶の真相、そして彼の正体とは?
最後の最後に意外なる"真実"が待ち受ける、
ストーリー中心のロールプレイングノベル。
【このゲームを公開しているサイトはこちら】
『ラハと魔法の園〜the graystory〜』の特長
・全7章構成です。1章あたり30〜40分前後が目安です。
・プレイ時間は5〜6時間程度です。
・ストーリー中心で、RPGですがノベルゲームをプレイする様なテイストになっています。
・台詞長めのシーンやイベントが多数ありますので、お時間のある時にごゆっくりお楽しみ頂ければ幸いです。
・ゲームスタート時に難易度選択として「ノーマル」「イージー」が選択出来ますが、イージーを選択した場合は魔法生寮に宝箱が設置され、序盤を有利に進めるためのゴールドとアイテムが沢山支給されます。仲間のステータスや敵の強さなどは共通です。
『ラハと魔法の園〜the graystory〜』の詳細情報
ジャンル
ロールプレイング

特徴・要素
青春 切ない

ゲームレベル
中級者向け

ファイル容量
150MB

配布形式
フリーウェア

対応OS・ブラウザ
Win7 Mac Win8 Win10

最終更新日時
2016.04.08

このページの閲覧回数
763回


ラハと魔法の園〜the graystory〜の作者さんへのインタビュー
作者:
Q. 一番見て欲しい点は?
A. ・単に魔法学校に入学して楽しく過ごすという話だけでなく、色んな事件や謎解き要素を含めた、ちょっとしたミステリテイストを含んだ作品に仕上げました。
・全魔法生52名および講師全員のキャラクターリストを作り、一人一人を大切に描きました。
・キャラクターリストをご用意しました。http://ktnh5108.pw/raha_chara.html
・最終章の脚本は何度も何度も描き直し、自分自身納得のいく終わりになるまで時にはイベントをばっさり削除して作り直すなど、心を込めました。
Q. 制作期間は?
A. 2ヶ月
Q. プレイヤーの皆様へのコメントをお願いします
A. どうぞ気軽に楽しんでプレイいただければ幸いです。

私が今まで学んできた事や、同じ様にフリーゲームを作られている方々との交流を経て、完成した一本です。展開や結末について賛否両論あるかとは思いますが、この作品の製作にかけた日々は一生の宝物です。
【このゲームを公開しているサイトはこちら】
『ラハと魔法の園〜the graystory〜』の感想・レビュー
※「感想の転記」の説明
△PageTop