扉の伝説〜風のつばさ〜|一人の少女の壮大な冒険物語が、今始まる!...

フリーゲームをジャンル・特徴・要素・タグで探せるサイトです。
フリーゲーム作者様は、ぜひ「作品をご登録」下さい。無料です。
HOMEロールプレイング長編RPG > 扉の伝説〜風のつばさ〜

扉の伝説〜風のつばさ〜

サークルDoor
掲載日:2010年03月10日

一人の少女の壮大な冒険物語が、今始まる!
扉の伝説〜風のつばさ〜の評価

平均点:6.7  得票数:21
このゲームに投票するボトム

ライン
・・・それはとある世界の物語。

一人の少女がいた。名はルシア。

妹との小さな約束を胸に、彼女は旅立っていく・・・
それが大きな物語の始まりを告げることを
彼女はまだ知らない・・・・・・

サークルDoorが
RPGツクール2000RPG史上最大のボリューム(多分)でおくる
壮大なファンタジー冒険RPG、

ここに開幕せり!
【このゲームを公開しているサイトはこちら】
フリーゲーム『扉の伝説〜風のつばさ〜』の特長
・情報を駆使して、物語を探す『情報トリガーシステム』
・危険を回避したり、隠されたものを捜索する『サーチ』
・物語を紡ぐ『ドリームホール』
・豊富なキャラやアイテム、イベントが繰り出す
 壮大なストーリー

(注:物語には残酷な描写も含まれています、ご注意下さい)
フリーゲーム『扉の伝説〜風のつばさ〜』の詳細情報
ジャンル
長編RPG

特徴・要素
感動 美少女 まったり長時間

ゲームレベル
中級者向け

ファイル容量
110MB

配布形式
フリーウェア

対応OS・ブラウザ
WinXP

最終更新日時
2009/11/18

このページの閲覧回数
8481回


扉の伝説〜風のつばさ〜のフリーゲーム作者さんへのインタビュー
作者:
Q. 一番見て欲しい点は?
A. ・キャラ、イベントも豊富なら、ビジュアルイベントも豊富です。
・やりこめばやりこむほどイベントが増えていきます。
Q. 制作期間は?
A. 5年(現在補完プロジェクト進行中)
Q. プレイヤーの皆様へのコメントをお願いします
A. 挫折を繰り返してきた人生の果てに
ようやく完成させたゲームです。

次回作も製作中ですので
是非プレイしてみてください。
【このゲームを公開しているサイトはこちら】
フリーゲーム『扉の伝説〜風のつばさ〜』の感想・レビュー
※「感想の転記」の説明
投稿者:
2011/01/18・返信

これはハマった!!作り手の思い入れには感動すら覚える。
この作品を知った2007からバージョンアップする度にプレイしています。
それでも飽きない・・それどころかプレイする度に新しい感動を与えてくれる・・自分にとってもとても思い入れのある素晴らしいゲームだと思う。
作者の伝次郎jr氏の熱意に感謝しています。
投稿者:
2011/04/22・返信

神ゲー

というか自分もこういうのを作っていた
いまだ完成していない・・というかエターなった


今また作り始めている
なんか似たようなのになるけど、完成したらちょっとでもいいのでやってみてくださいorz


とりあえず風の翼やってない人はやるべし
そこらの店売りより面白い
というか最高のRPG
投稿者:
2011/05/9・返信

まだプレイの途中ですがとても面白いです!!
全体が作りこまれており製作者の愛を感じました!
それに主人公の性格がストレートで非常に好感が持てました。
今までプレイしてきたフリーゲームの中でダントツの一位です!
投稿者:
2012/09/16・返信

Ver1.2からやっていた身からすると、
クソゲーから最優秀ゲーに進化した軌跡がみれて、
涙ぐましいです。

初期の頃は、装備解除がなかったうえに、PT編成も制限があったため、
誰が、あのクレストを持っていたのか、さっぱりわからないことや
メンバーがやたら多い反面、使えるキャラが限られているなど、
クソゲー的な要素が多かったです。

しかし、それらクソ要素が霞んで見えるほどに、重厚なシナリオ
により、このゲームを魅了されていきました。

現在は、その有志により、システム面、バランス面が大幅に改善できているため、
遊びやすくなっております。

ただし、作者は悪魔かと思うぐらいに、グロ要素や子供がバタバタ死ぬ描写があるため(それゆえに主人公の魅力がでるのですが)、
それらが苦手な人は、回れ右してください。
投稿者:
2013/05/18・返信

やっとクリアしました(汗)
やっぱり最高に楽しかった!!この一言につきますね(笑
そしてこのゲームが生まれるきっかけや、どれだけ沢山の人たちが関わってきたのか、それを知って泣きました(笑)
トビデンを作った作者さん、そして製作に関わった沢山の人たちに感謝の言葉を送ります。

本当に素晴らしい作品をありがとうございました!
△PageTop