LiLyE〜狭界図書館〜 a Reporter's PocketBook|断片的な物語を読んで、何があったのかを考えるノベルゲームです。...

フリーゲームを探せるサイト
作者様は、ぜひ「作品をご登録」下さい。無料です。
HOMEノベル > LiLyE〜狭界図書館〜 a Reporter's PocketBook

LiLyE〜狭界図書館〜 a Reporter's PocketBook

wys
掲載日:2013年04月8日

断片的な物語を読んで、何があったのかを考えるノベルゲームです。
LiLyE〜狭界図書館〜 a Reporter's PocketBookの評価

平均点:5.5  得票数:2

ライン
祖父の遺品整理で見つけたメモ。
「娘を殺したのは、私のようなものだ。あれは、触れてはいけない事だったのだ。」
【このゲームを公開しているサイトはこちら】
『LiLyE〜狭界図書館〜 a Reporter's PocketBook』の特長
・考えるのが好きな人向け
・クリア後のおまけ有り
『LiLyE〜狭界図書館〜 a Reporter's PocketBook』の詳細情報
ジャンル
ノベル

特徴・要素
洋風

ゲームレベル
初心者向け

ファイル容量
約20MB

配布形式
フリーウェア

対応OS・ブラウザ
WinXP WinVista Win7 Mac

最終更新日時
2013.5.6

このページの閲覧回数
1816回


LiLyE〜狭界図書館〜 a Reporter's PocketBookの作者さんへのインタビュー
作者:
Q. 一番見て欲しい点は?
A. ・それぞれが何を考え行動し、どうなったか
Q. 制作期間は?
A. 半年
Q. プレイヤーの皆様へのコメントをお願いします
A. 前作「LiLyE〜狭界図書館〜 epic of
【このゲームを公開しているサイトはこちら】
『LiLyE〜狭界図書館〜 a Reporter's PocketBook』の感想・レビュー
※「感想の転記」の説明
投稿者:
2013/05/6・返信

「考える」のは良い。
途中までは楽しく悩むことが出来た。
だが、最後の1問はどうにも選択肢があいまいすぎる。
物語を正しく理解し、推理も正しいのに正解に辿り着けなくなっている。
もちろん、総当りでやれば解ける。
が、それは単なる作業であり、まさに画竜点睛を欠くものであった。

その為、正解に近いと思われる全ての組み合わせを試し、
ようやく続きを見られたときは、すでに「どうでもいいもの」に成り果ててしまう。

これからこの素晴らしいゲームをプレイしようとする方には注意を差し上げたい。

素晴らしい世界観、謎に満ちたストーリー、推理する楽しみ。
そして最後に残るのは、ストレスだけだと。
投稿者:
2013/05/7・返信

kesk様

プレイ頂き、ありがとうございます。

>物語を正しく理解し、推理も正しいのに正解に辿り着けなくなっている。
はい、おそらくそれだけで正解して頂くのは難しいかと思います。
もちろん、総当たりは最終手段で、それ以外の道を想定しておりますが。
総当たりしかないと思われますと、仰るとおりストレスになってしまうものと思います。

ですが、私の意図したことから譲れない部分ですので、現在のところ修正予定はございません。

wys 瀬戸愛羅
△PageTop