サイキックハーツ|トミーウォーカー×富士見書房、最新作PBW「サイキックハーツ」は、君自身が「参加して創る」物語。 人の魂を支配する「闇」に抗う「学園」の生徒となり、「サイキック」を駆使して戦え!...

フリーゲームをジャンル・特徴・要素・タグで探せるサイトです。
フリーゲーム作者様は、ぜひ「作品をご登録」下さい。無料です。
HOMEロールプレイング > サイキックハーツ

サイキックハーツ

株式会社トミーウォーカー
掲載日:2012年08月27日

トミーウォーカー×富士見書房、最新作PBW「サイキックハーツ」は、君自身が「参加して創る」物語。 人の魂を支配する「闇」に抗う「学園」の生徒となり、「サイキック」を駆使して戦え!
サイキックハーツの評価

平均点:0  得票数:0
このゲームに投票するボトム

ライン
トミーウォーカー×富士見書房、最新作PBW「サイキックハーツ」は、君自身が「参加して創る」物語。
人の魂を支配する「闇」に抗う「学園」の生徒となり、「サイキック」を駆使して戦え!

===========================
Yahoo!ニュースでも紹介されました!

あなたの行動が小説に――富士見書房協力のWebゲーム「サイキックハーツ」が面白そう
ITmedia eBook USER 8月14日(火)15時44分配信

 富士見書房とゲーム会社のトミーウォーカーは8月12日、Web上で楽しめるゲーム“PBW(プレイ・バイ・ウェブ)”の新作「サイキックハーツ」を開設した。無料で参加できる(コンテンツ課金あり)。

 PBWはWebサイトを使って楽しむ文章型RPGゲームだ。ゲーム参加者はまずキャラクターを作成し、用意されたシナリオの中から参加するものを選び、最後にそのシナリオの中でキャラクターにどんな行動を取らせたいかを決定する。すると、キャラクターの活躍が「マスター」と呼ばれるシナリオライターによって小説化され、Web上にアップされる。こうした小説や他の参加者とのコミュニケーションを楽しみながら、ゲームの世界観を体験できる。

 今回の新作では、PBW業界大手のトミーウォーカーがゲーム運営を担当し、ライトノベルを多く手がける富士見書房が「物語作り」などで協力した。富士見書房のノウハウを活用しながら、従来のPBWよりも幅広い層が楽しめるゲームを目指したという。

 ゲームの内容は「学園を舞台にした異能力バトルRPG」。人の心を支配する精神体「ダークネス」に、「灼滅者(スレイヤー)」と呼ばれるサイキッカーたちが立ち向かう設定となっている。参加者は自分だけの灼滅者を作成し、物語の紡ぎ手の1人して、ゲームに参加することになる。単にダークネスを倒すだけでなく、例えば仲間が「ダークネス」に支配されるといった、スリリングな展開も用意されているようだ。興味のわいた読者は、一度Webサイトを訪れてみてはいかがだろう。
【このゲームを公開しているサイトはこちら】
フリーゲーム『サイキックハーツ』の特長
Yahoo!ニュースでも紹介されました!

あなたの行動が小説に――富士見書房協力のWebゲーム「サイキックハーツ」が面白そう
ITmedia eBook USER 8月14日(火)15時44分配信

 富士見書房とゲーム会社のトミーウォーカーは8月12日、Web上で楽しめるゲーム“PBW(プレイ・バイ・ウェブ)”の新作「サイキックハーツ」を開設した。無料で参加できる(コンテンツ課金あり)。


 PBWはWebサイトを使って楽しむ文章型RPGゲームだ。ゲーム参加者はまずキャラクターを作成し、用意されたシナリオの中から参加するものを選び、最後にそのシナリオの中でキャラクターにどんな行動を取らせたいかを決定する。すると、キャラクターの活躍が「マスター」と呼ばれるシナリオライターによって小説化され、Web上にアップされる。こうした小説や他の参加者とのコミュニケーションを楽しみながら、ゲームの世界観を体験できる。

 今回の新作では、PBW業界大手のトミーウォーカーがゲーム運営を担当し、ライトノベルを多く手がける富士見書房が「物語作り」などで協力した。富士見書房のノウハウを活用しながら、従来のPBWよりも幅広い層が楽しめるゲームを目指したという。

 ゲームの内容は「学園を舞台にした異能力バトルRPG」。人の心を支配する精神体「ダークネス」に、「灼滅者(スレイヤー)」と呼ばれるサイキッカーたちが立ち向かう設定となっている。参加者は自分だけの灼滅者を作成し、物語の紡ぎ手の1人して、ゲームに参加することになる。単にダークネスを倒すだけでなく、例えば仲間が「ダークネス」に支配されるといった、スリリングな展開も用意されているようだ。興味のわいた読者は、一度Webサイトを訪れてみてはいかがだろう。
フリーゲーム『サイキックハーツ』の詳細情報
ジャンル
ロールプレイング

特徴・要素
ガンガン爽快 ダーク ドキドキ緊迫 美少女 まったり長時間 青春 ウキウキ シリアス

ゲームレベル
初心者向け

ファイル容量
MB

配布形式
フリーウェア

対応OS・ブラウザ
WinXP WinVista Win7 ブラウザ

最終更新日時
2012.08.12

このページの閲覧回数
1756回


サイキックハーツのフリーゲーム作者さんへのインタビュー
作者:
Q. 一番見て欲しい点は?
A. Yahoo!ニュースでも紹介されました!

あなたの行動が小説に――富士見書房協力のWebゲーム「サイキックハーツ」が面白そう
ITmedia eBook USER 8月14日(火)15時44分配信

 富士見書房とゲーム会社のトミーウォーカーは8月12日、Web上で楽しめるゲーム“PBW(プレイ・バイ・ウェブ)”の新作「サイキックハーツ」を開設した。無料で参加できる(コンテンツ課金あり)。


 PBWはWebサイトを使って楽しむ文章型RPGゲームだ。ゲーム参加者はまずキャラクターを作成し、用意されたシナリオの中から参加するものを選び、最後にそのシナリオの中でキャラクターにどんな行動を取らせたいかを決定する。すると、キャラクターの活躍が「マスター」と呼ばれるシナリオライターによって小説化され、Web上にアップされる。こうした小説や他の参加者とのコミュニケーションを楽しみながら、ゲームの世界観を体験できる。

 今回の新作では、PBW業界大手のトミーウォーカーがゲーム運営を担当し、ライトノベルを多く手がける富士見書房が「物語作り」などで協力した。富士見書房のノウハウを活用しながら、従来のPBWよりも幅広い層が楽しめるゲームを目指したという。

 ゲームの内容は「学園を舞台にした異能力バトルRPG」。人の心を支配する精神体「ダークネス」に、「灼滅者(スレイヤー)」と呼ばれるサイキッカーたちが立ち向かう設定となっている。参加者は自分だけの灼滅者を作成し、物語の紡ぎ手の1人して、ゲームに参加することになる。単にダークネスを倒すだけでなく、例えば仲間が「ダークネス」に支配されるといった、スリリングな展開も用意されているようだ。興味のわいた読者は、一度Webサイトを訪れてみてはいかがだろう。
Q. 制作期間は?
A. 1年
Q. プレイヤーの皆様へのコメントをお願いします
A. 小説家、イラストレーター大募集!
【このゲームを公開しているサイトはこちら】
フリーゲーム『サイキックハーツ』の感想・レビュー
※「感想の転記」の説明
△PageTop